女性

早期発見・早期治療の大切さ|癌の転移を予防しよう

喉の奥にできる悪性腫瘍

医者

咽頭がんは喉の奥から食道までの空間にできる悪性腫瘍です。症状は上咽頭、中咽頭、下咽頭によって少し異なりますが、飲み込んだ時の痛みや飲み込みにくさなどです。初期ではほとんど自覚症状がなく、発見が遅れるケースもあります。咽頭がんの原因に強い関わりがあるのが喫煙と過度の飲酒習慣です。

もっと読む

がんの増殖で現れる症状

女の人

がんの増殖による症状

臓器や器官に発生した癌細胞が増殖し続け、血管やリンパ管にまで浸入し別の臓器や器官に運ばれてしまうことを転移と言います。最も多い癌の転移が、リンパ液の流れが集約されるリンパ節への転移とされています。続いて血管が多く血液の流れが豊富な、脳や骨、肺や肝臓などへの転移も多いとされています。転移までのスピードは、はじめに癌が発生した臓器や器官、そして患者の免疫力などによって個人差が大きく現れます。癌発生後にすぐに転移してしまう場合もあれば、進行・増殖に時間がかかり転移まで非常に時間がかかることもあります。転移が拡大していくと、もちろん治療も困難となっていきます。その為、癌の治療において最も重要なのが早期発見と早期治療とされているのです。

増殖したがんの治療法

癌の転移が確認された場合、治療は抗がん剤を用いた化学療法が基本となります。抗がん剤の使用は体内の癌の増殖を抑制することができ、小さな癌細胞であれば破壊も可能とされています。そして近年、副作用が殆どないと注目されている、がんの治療法が免疫細胞療法です。免疫細胞療法とは体内に存在する、癌に攻撃を行なう・または攻撃を行なうよう指示を出す免疫細胞を患者の血液より取り出し、体外で強化・活性化させ再度患者の体内に戻す治療法です。もともと患者の体内に存在する免疫細胞を利用した治療の為、副作用が出ることはなく、広く転移してしまった癌にも有効な治療法とされています。そして免疫細胞療法は、化学療法と併用して行なわれることもあります。

最新の放射線治療

病院

サイバーナイフはがんの放射線治療の1つです。人間の手ではなく、コンピュータで制御されたロボットアームを用います。患者への負担が少なくて済む最新の治療法です。当初は頭部にのみ保険が適用されていましたが、現在では保険の適用が拡大されています。

もっと読む

自分で早期発見できる

相談

日本女性のがんの罹患率の中で、最も症状を発生する事例が多いのが乳がんです。高たんぱく・高脂肪の食生活が増回し、日本女性の体格が良くなったことが原因だと言われています。手術で病巣を取り除くことによって治療することができます。美容の観点から乳房を残したい女性は、乳房温存術をしてもらうことで乳房をある程度残すことができます。

もっと読む